障害者雇用はデメリットしかないからやめとけ
障害者雇用はデメリットしかないからやめとけ!」
就職や転職のことを相談した時によくそんなアドバイスを受けると思います。
確かに障害者雇用はデメリットもたくさんあります。
でも自分の障害と向き合って働いていくなら、避けては通れない道かもしれません。

障害者雇用はデメリットしかないからやめとけ!」とアドバイスする人に
障害者の本当の苦労や苦悩はわかっていない
人も多いのです。

もちろん一般枠で就職や転職ができるのならそれがベストです。
でも、それが難しいから悩んでいるのではありませんか?
一般枠で健常者と同じ土俵で働くと、
またすぐに退職してしまう
うつ病などをまた再発してしまう
ことになりかねません。

ですから「障害者雇用はデメリットしかないからやめとけ!」なんていうアドバイスは真に受けない方がいいかもしれません。

「障害者雇用はデメリットしかないからやめとけ!」と言う人に障害者の苦悩はわかっているのかなぁ?

定型発達の人に障害者の苦悩はわからない
障害者、とりわけは発達障害などの精神障害のことって、まだまだ一般の方の理解は深まっていません。
どうして障害者というと「身体障害者」や「知的障害者」もイメージしかないのです。

発達障害をお持ちの方は外見上ではまったく普通の人にしか見えません。
だからこそそんな人が障害者雇用で働こうとすると「障害者雇用なんてデメリットしかないからやめとけ!」というアドバイスをしたくなるのです。

確かにアドバイスをしてくれる人に悪気はありません。
でも、障害を持つ本人からすればそれはとても辛いことなのです。

【大人になってから自分の発達障害に気づく人が増えている】



障害者就労移行支援事業所には多くの発達障害の方が再就職のために訓練を受けています。
そんな同じような悩みを抱えてる人との交流はきっと役に立つことでしょう。

「そんなこと言ったら誰でも発達障害じゃん」相談してもわかってもらえない

発達障害のことってなかなかまわりに相談もできません。
だって勇気を振り絞って相談しても
「そんなこと言ったら誰でも発達障害じゃん」
なんて言われるのがオチだからです。

【そんなこと言ったら誰でも発達障害じゃん問題】



発達障害がなかなか理解してもらえない現実を受け止めて、これからの生き方や働き方も考えていかなくてはいけません。

「障害者雇用はデメリットしかないからやめとけ!」と言われた人へ伝えたいこと

障害者雇用か一般枠雇用か迷う障害者

今のまま「一般枠雇用」で仕事を探すのか?
それとも
障害者枠雇用で仕事を探すのか?

それはまわりの意見を参考にするのはいいですが、最後はあなた自身で決めることだということは腹をくくらねばなりません。

一般枠雇用でも障害者枠雇用でも、働いてお金を稼ぐということは大変なことに違いはないのです。

一般枠採用に比べ確かに「障害者雇用はデメリットしかない」といわれても仕方ありません。

障害者雇用のデメリットは、
一般採用枠に比べて「職種」や「求人数」が限られている。
給料水準が低い
まわりおに自分が障害者だということがバレてしまう
ことかもしれません。

職種や求人数が一般枠に比べて限られている

厳しい現実ですが、企業が障害者を採用するのは「障害者雇用促進法」である一定の割合の法定雇用率を義務付けられているからです。
また、企業は障害さに任せられる仕事を一生懸命に作り出す努力をしています。

責任の重い業務や臨機応変な対応を求められる現場の仕事は、障碍者の方に少し荷が重いこともたくさんあります。

だからこそ、職種も求人数が限られてくるのは仕方のないことなのです。

給与水準が一般枠に比べて低い

企業が障害者を採用するにあたっては、さまざまな配慮がなされます。
それは勤務時間だったり、作業内容だったりします。

健常者と同じような労働時間や労働条件ではないンドエスら、給与水準が低くなるのも仕方ありません。

企業側も障害者にどんな仕事を任せていよいかわからないという事情

雇用する障害者の特性には十人十色です。
その障害者に合わせた仕事を創出することって、採用する企業にとってもかなり負担の大きいことなんです。
このあたりの問題は、障害者のほうからもいかに自分の障害のことを企業に理解してもらう努力も大切です。

また障害者の方の離職率は相当に高く、企業も安心して任せられないという本音もあります。

障害のことをまわりの同僚に知られてしまうのが嫌

障害者の雇用にあたっては、職場で様々な合理的配慮をする必要がある以上、障害のことはどうしてもまわりに隠せません。
まだ自分の障害のことを受容できていない方にとって、それは受け入れがたいのかもしれません。
受け入れられていない

一般枠雇用で働き続けられますか?

できうることなら障害者雇用ではなく、一般枠採用がネターなことは間違いありません。
でも、それが難しいから悩んでいおることかと思います。

そろそろ障害と共に生きてゆく覚悟が必要な時期かもしれません

何度も何度も転職を繰り返しているあなたは、ひょっとしたらもう仕事探しに疲れて切っているかもしれません。
そろそろ自分の障害というものを受容して、自分の障害と共に生きていく覚悟をする時期かもしれません。

【障害者の再就職について】

障害者雇用枠で採用されてもしんどいのは変わらない

障害者雇用枠で採用されたからといって、あなたの障害に100%配慮してくれるというのは少々わがままなことです。
採用する企業にとって、一番の目的は利益を上げることです。
だからこそ、いくら障害shが雇用枠で採用した社員だからといて、配慮できるところと配慮できないところがあります。
ですから、障害者枠で採用されたからといってもしんどいのは変わりません。

ただし一般枠からの採用と比べたらしんどいのにもかなりの差があるのは間違いありません。
たた、あまりに過大な期待はしないほうがよいと思います。

発達障害での障害者枠での採用は辛いことも多い

身体障碍や知的障害だけでなく、最近では発達障害での障害者枠で採用されて働く方も以前と比べてグンと増えてきています。
しかし、この発達障害の障害者枠での採用は辛いことも多いのが事実です。

採用する人事担当者は発達障害のことについて勉強していますから理解もあります。
しかし、一般の他の社員にその考えが浸透していない会社も多いのです。

発達障害の方は外見上は一般の方とまったく変わりません。
ですので、そのあたりで職場の中町うまくつきあえないこともあるのです。

発達障害での障害者枠での採用は辛いことも多いので、なにか辛いことがあった場合には相談できる部署を確認しておきましょう。

障害者枠の現実は雇用されても「いるだけ」でやりがいが見つけられない?

企業が障害枠で人を採用するのは「法定雇用率」の条件をクリアーするためというのが障害者雇用の現実です。
このあたりは採用される障害者の方にとっても受け入れなくてはならない現実です。
そして、企業は採用した障害者の扱いに不慣れです。
特に現場からすれば「どう障害者と向き合ってい毛がいいのかわからない」ということも紛れもない現実です。

ですから「障害者雇用枠で採用されてもただそこにいるだけ」という状況も起こります。

「ただいるだけで暇すぎる」
「責任ある仕事を任せてもらえない」
「せっかく就職したけどやりがいが見つからない」
「健常者である一般社員との距離感がつかめず馴染めない」
「私はこの会社のお荷物では?という罪悪感を感じる」

これが障害者枠で雇用された方の正直な感想かもしれません。

しかし、それには
障害者自身も自ら積極的に仕事に取り組む姿勢を見せる
障害者雇用のことを現場レベルにまで浸透している会社を選ぶ
ことでしか解決できないと思います。
そしてあなた自身が自分の障害の特性をあm割に理解してもらうための努力に必要です。
障害者の障害特性は十人十色。
だからこそ、それがわからないことにはまわりも「なにをどう任せればいいのか?」いつまでもわからないからです。
そんなことが「会社にいるだけ」の障害者雇用が増えさせてしまうのです。

障害者雇用のデメリットをメリットと捉えるために

障害者として生きていく覚悟
簡単に割り切れる問題ではないことはわかりますが
障害者雇用をデメリットではなくメリットとして考える
ことはできないでしょうか?
一般職の仕事が続けられない以上、ご自身の障害を受容しそれとともに生きていく決意も大切です。
そうしないとこれからもずっと「就職してはすぐに辞める」という悪いサイクルから脱却できません。

自分に合った働き方や生き方を見つけるために

さまざまな障害をいろいろと工夫しながら暮らしている方もたくさんいらっしゃいます。

【ある発達障害者同士の夫婦の一日】



自分の障害に合わせたライフスタイルを一から作り直す。
そのために、障害者雇用を検討するのもいいかもしれません。

自分の適職と巡り合うために

自分のできること
自分のできないこと

それを探し直すことに障害者雇用は役に立ちます。

障害者雇用では、トライアル雇用といういろいろな仕事を探してみることもできます。
障害者雇用では、職場に合理的な配慮をしtれ貰うことができます。

色々なことを試してみて、
自分の働き方
まわりにやってほしい配慮
が初めてわかります。

将来のステップアップのために

障害者雇用を利用してみて、自分の得意分野がわかることもあります。
それがわかると努力のやり方もわかってきます。

自分の得意なことがわかって、資格を取得したりフリーランスで活躍したりする方もたくさんいらっしゃいます。

今と違う形の働き方を探す、その第一歩を踏み出す勇気もまた大事だと思います。