おすすめ障害者転職エージェント

障害者のあなたが就職や転職を考えている時に力強い味方になるのが障害者転職エージェントです。
でも、実は同じ障害者転職エージェントでもその実力には大きな差があるのも現実です。

なぜなら、障害者転職エージェントには規模と実績が重要だからです。
その点で地方にある障害者転職エージェントよりも全国対応の障害者転職エージェントのほうにやはり分があるのです。

障害者転職エージェントの選び方で大切なのは、障害者を募集する企業とのネットワークです。
そして積極的に障害者雇用を考えているのは比較的大きな企業ばかりなのはあなたもご存知なはず。
経営的にも余裕があるからこそ、障害者の仕事内容にも配慮ができるのです。
そんな経営的に安定している企業ほど全国規模の障害者転職エージェントに募集を依頼するものです。

障害者転職エージェントの選び方は地方より全国対応がおすすめな理由

障害者転職エージェントに相談する企業

やっぱり地方にある障害者転職エージェントよりも、全国対応している障害者転職エージェントがおすすめです。
地方にある障害者転職エージェントの多くは、メインは健常者のための人材紹介サービスで障害者雇用はサブのことがほとんどです。
あまり障害者雇用に特化しているところはありません。
そして、健常者の人材紹介と障害者の人材紹介では根本的に大きな違いがあります。
ですからやっぱり全国展開している障害者転職エージェントのほうがおすすめです。

障害者雇用では迅速かつ密かに募集したい企業も多いから

企業が障害者を雇用するのは、ズバリ政府が要請している障害者雇用率の達成のためです。
達成していないとペナルティもありますからね。

そこで雇用している障害者が退職した時に、あわてて障害者の募集をすることはよくあります。
たとえば、行政指導により一定の期日までに障害者雇用を課された場合はハローワークなど通常の募集では間に合いません。

そして、障害者雇用を積極的に行っているのは中小零細企業よりも経営に余裕がある全国展開しているような大企業が多いです。
そんな大企業では各地方支社も含めた会社全体で障害者雇用率の達成を図っています。
ですので、東京の本社がどこかの地方の支社で障害者雇用を考えることもあるのです。
そんな時に相談するのが、全国展開している障害者転職エージェントなんです。

手探りで障害者雇用をしている企業も多いから

障害者雇用について採用する企業の多くが未経験だったり、障害者雇用のノウハウが蓄積されていません。
障害者雇用では、障害者の障害に合わせてひとりひとり異なる対応が必要になってきます。

障害者を採用する会社も障害者雇用については、おそるおそる手探りの状況で行っているのです。
採用する障害者の処遇や仕事内容などまったくわからないことばかりです。
そこで、全国展開しているような障害者転職エージェントから「障害者の採用事例」や「障害者雇用の助成金」などのアドバイスがとても役に立ちます。

また
障害者に対してどのような仕事を用意したらいいのかわからない?
という場合にも、障害者のための職務設計まで行うのです。

自社に適した人材が欲しい企業も多いから

やっぱり地方にある障害者転職エージェントよりも全国展開しているような障害者転職エージェントのほうが圧倒的に登録者が多いのは紛れもない事実です。
そして障害者の方の障害の種類も千差万別なら、企業が障害者の方に用意できる仕事内容も千差万別です。
そこで、重要になってくるのがマッチングです。

登録者の多い障害者転職エージェントならば、企業が求める人材に適材適所の障害者の方を紹介できるのです。

今は企業も採用する障害者に特定のスキルや経験を求めるケースも増えてきています。
たとえ障害を持つ方でも、そのあ貴社汚染慮kとして考えているのです。

だからこそ、採用する障害者の方はたくさんの方の中から選考したいというニーズもあるのです。

やっぱり登録者の多い転職エージェントのほうが企業から選ばれやすいのです。

在宅ワーク・リモートワークも多いから

このコロナで人の働き方もガラッと変わりました。
それは「在宅ワーク」「リモートワーク」がグッと増えたことです。
これは障害者の働き方にも同じことがいえます。

「在宅ワーク」「リモートワーク」なら東京や大阪の企業の障害者向けの仕事も地方でもこなすことができる時代なのです。

家族との関係・静かな環境を求める障害者の方も多いから

発達障害などの方の中には家族との関係に悩む方も少なくありません。
そこで、ひとり暮らしをしたいと望む方もいます。
そんな方には障害者転職エージェントを利用して、今の居住する地域より離れた地域での就職先を探すこともできます。

また、都会で働くことに疲れた障害と持つ方もいます。
そんな方は静かな地方でゆったりと働くことも選ぶことができます。

都会での通勤なら、毎日の満員電車でそのストレスは相当なものでしょう。
通勤途中で体調が悪くなってしまう方もたくさんいます。
ゆったりした地方ならマイカー通勤というところもあります。

【結論】障害者雇用はやっぱり狭き門だから大手の障害者転職エージェントを選んだ方が賢明

なんだかんだいっても、地方にある障害者転職エージェントよりも全国展開しているような大手の障害者転職エージェントのほうが取引企業の数が圧倒的に多いのも事実です。
やっぱり障害者の就職・転職が狭き門なことに違いはありませんから、たとえ1%sでも就職¥転職が成功する確率を高めるためには全国展開しているような障害者転職エージェントに登録することが賢明だと思います。


【大手企業も障害者転職エージェントの力を借りている 】

おすすめの障害者転職エージェントとは

おすすめ障害者転職エージェント

障害者転職エージェントは健常者の人材紹介サービス会社とは根本的に異なります。

それは
障害に関して豊富な知識や経験を有していること
・企業の障害者雇用の支援も行うこと
です。

この両方に長けたキャリアアドバイザーが仕事を探している障害者の方にも、障害者を雇用したい企業にも力強い味方になるのです。

言い方を変えれば、これが障害が転職エージェントを選び方のポイントでもあります。

障害者転職エージェントを利用するメリット

よく質問されることに
「障害者転職エージェントってハローワークとどう違うの?」
ということがあります。

一番大きなポイントは「就業中でも求職活動ができる」ことだと思います。

ハローワークを利用している方の大半は離職中の方です。
でも、障害者転職エージェントに登録する方の半数以上が就業中の方なんです。

とりあえず今は障害者雇用枠で働けてはいるが、もっと給与や待遇のよい会社はないか?
そんな方は是非障害者転職エージェントを利用してみてください。

履歴書・職務経歴書・面接のフォローが得られる

履歴書や職務経歴書の書き方などに関してのアドバイスはとても役に立つと思います。

また、発達障害など精神障害を持つ方にとって、面接が苦手な方もたくさんいることでしょう。
そんな方には面接のシュミレーション(模擬練習)なども行ってくれるところもあります。

また
応募する企業の選定のやり方
・転職動機や退職理由の伝え方

なども不安なことはなんでも相談できます。

自分の障害に対する配慮をうまく企業に伝えることができる

採用試験を受ける障害者からすれば名かな伝えにくいこと。
それは「自分お障害に関する配慮」のことではないでしょうか。

障害者転職エージェントから紹介される企業には、予め人事担当者にそのことについて打診してくれていることもあります。

求人票以外の情報が得られる

障害者募集をしている企業について、その求人票だけではわからないことはたくさんあります。

障害者転職エージェントでは、その企業の人事担当者といつも綿密な打ち合わせを行っています。
ですから、障害者転職エージェントには求人票ではわからないこともたくさん把握しているのです。

たとえば
・社風
・雰囲気
・社員の平均年齢
・職場の年齢構成
・バリアフリー環境
・駐車場の有無
さらに細かいことでは
・エントランスの段差
・各フロアのトイレの数
などもあります。

障害を持つ方にとっては、ハード面だけでなくソフト面の情報も非常に重要なのです。
予めそれらがある程度わかっていれば、就職してから「こんなはずじゃなかった!」というミスマッチの可能性も低くなります。

障害者転職エージェントへの登録は必ず行うべし

障害者転職エージェント 登録
障害者者転職エージェントの登録は、利用するにしろしないしろ、とりあえずはとやっておくことをおすめします。

求職者には無料ですし、その情報が外に漏れることはありません。
あなたにとって良い求人情報はいつ舞い込んでくるかはわかりません。
その時に備えて、登録だけでもやっておいて損はないと思います。

おすすめ障害者転職エージェント

障害者転職エージェントにもたくさんあります。
でも、多くは健常者の転職エージェントの一部門であることが多いです。
ですから障害者転職エージェントはやっぱり障害者雇用に特化している転職エージェントがおすすめです。
そこで規模や実績からするとおすすめははこちらです。

dodaチャレンジ

dodaチャレンジは日本最大級の転職サイト「doda」を運営するPERSOLグループの障がい者に特化した転職エージェントです。
やはりその規模と多くの企業とのネットワークの広さは随一といえるでしょう。

\障がい者雇用に精通した運営会社の安心感/
dodaチャレンジ 公式サイト

障害者雇用バンク

対応地域は一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)、大阪と限定されますが、この地域にお住まいかまたは「この地域の企業に就職したい」という方ならおすすめです。
WEBによる面談も可能ですから、地方在住者も相談してみてください。

\業界最大級の障害者向け求人サイト/
障碍者雇用バンク
/面接対策、履歴書添削、就職後もしっかりフォロー\