発達障害 工場 向いていない

「私は発達障害なので、単純作業で人とのコミュニケーションをとる必要性があまりない工場の仕事が向いていると思います」
発達障害の方はついそう考えて工場の仕事に就職する人が多いです。
でも、いざ工場で働いてみると「発達障害の私だが工場の仕事には向いていない」と後悔する方がたくさんいます。
それは自分の持っている発達障害の特性を自分勝手な分析が原因かもしれません。
発達障害の特性は十人十色です。
それを簡単にワクにはめ込んで決めつけるのはとても危険です。

発達障害のあなたが単純作業の工場の仕事に向いていないと感じる瞬間

発達障害 工場 向いていない
もしかしたら、今まさに工場で働いている発達障害のあなたはこんなことで後悔しているかもしれません。

作業スピードについていけなくてパニックになる

工場の仕事の多くはベルトコンベアなどによる流れ作業です。
ひとりの作業の遅れが全体の流れに大きく悪影響を及ぼします。

しかも、その作業スピードの普通が発達障害の方にはとても早すぎると感じてしまうのです。

集中力が持続しない

一日中、同じ作業が続く工場の仕事。
そうなると集中力が持続できずに単純ミスを連発してしまっていませんか?

簡単な作業だけに、監督する上司からは「どうしてこんな簡単なことを見すするんだ!」と叱責されるかもしれません。
でも、集中力が欠けてしまうと、そんな簡単な作業でも単純ミスを起こしてしまうのです。

発達障害について理解がない職場

企業が障害者雇用に積極威的なのはズバリ法定雇用率の達成のためです。
高い志とは限りませんし、多くの企業にそんな余裕もありません。
しかし、なんだかんだ言っても障害者雇用に積極的な会社は社会的義は大きいと思います。
がしかし、その意義が会社の末端にまで浸透しているかといえば、宗とも限りません。
また発達障害などの精神障害うの場合は外見からは股くわからないのです。
そもそも発達障害のことを理解していない部署の上司や同僚がいることはあなたも一度や二度は経験したことがあるはずです。
だからこそ発達障害を持つ人にも、他の健常者と同じように扱ってしまうのです。
発達障害を持つ方にとって
「できること」と「できないこと」
「得意なこと」と「苦手なこと」

がはっきりしています。
このあたりをしっかりと理解している職場でないと働きずらいものです。

発達障害のあなたが工場の仕事に向いていない原因は「業務内容」それもと「会社の受入体制」

発達障害のあなたが「私には工場の仕事に向いていない」と諦める前に、今一度現状分析をしてみませんか?
あなたが「工場の仕事に向いていない」と感じる原因はなんなのでしょうか?

【発達障害と工場の仕事について】



工場での仕事の作業の内容?
それとも
会社の受け入れ体制?

このあたりの原因をしっかりと分析しないとまた同じ失敗を繰り返してしまいかねません。

工場の仕事に向いているか?自分の発達障害の特性をプロに相談するのも有効

発達障害の散弾をするのは医師ですが、どんな仕事位に向いているのか?までは診断してくれません。
そのあたりは自分自身で分析しなければなりません。

でも、これが意外と難しいのです。

確かに
・人とのコミュニケーションが苦手
・仕事上の臨機応変な判断が難しい

という人が多い発達障害うの人からすれば、工場の意仕事が向いていることが少なくありません。
また、障害者雇用の求人も工場勤務の仕事が多いのもい事実です。
でも、簡単にそれに応募するのも考えものです。

自分の発達障害の特性は第三者に説明しながらだと正確に把握できる

発達障害の方の仕事探しで障害者専門転職エージェントをおすすめする理由のひとつに
・自分の障害の特性を再確認できる
ということがあります。

障害者転職エージェントに
・自分のできることとできないこと
・自分が時なことと苦手なこと
・前職での失敗

などを時間をかけて説明しているうちと徐々に本当にあなたの発達障害電も特性が見えてくるものです。
また障害者転職エージェントもプロの専門家ですから、あなたの発達障害の特性について的確なアドバイスも得られるはずです。

工場に向いていない発達障害ADHD

発達障害 混合型

多くの発達障害の方に持っている特徴が単一の発達障害ではないことです。
いわゆる混合型の発達障害です。
一般的には「ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー・広汎性発達障害)」の方は工場での仕事位に向いていて、「ADHD(注意欠如・多動症)」の方は工場の仕事に向いていないとされています。
でも、だからといって簡単には割り切れないのです。

【発達障害ADHDと工場の仕事について】



意外とASDと診断された方でもADHDの特性を併せ持っていることも多いのです。
それもまたいつもいつも同じ状態ではなく、ある時にはASDの特性が強くなったり、あるい時にはADHDの特性のほうが強くなったりと自分の発達障害と付き合っていくのもとても大変なことなんです。
だからこそ自分の持っている発達障害の特性をきちんと見極めないと、仕事でも生き辛さを感じてしまうことになります。