就労移行支援 意味ない

障害者が就職するためのサポートが受けられるのが「障害者就労移行支援事業所」です。
でも、せっかく障害就労移行支援事業を通っても意味がない方も少なくありません。
障害者の就職をサポートする就労移行支援事業所ですが過去5年間で就職者は0人というところが27.6%もあるのです。
なぜなら、障害者就労移行支援事業所にはいろいろなタイプがあります。
障害者の「社会性やコミュニケーション力を高めるため」といって、結局お菓子を広げてただみんなでワイワイくっちゃべっているだけの就労移行支援事業所所少なくないのです。

私はそんな就労移行支援事業所の実態も見て、「こんなんじゃ意味がないし就職なんて無理だよ!」なんて思うのです。

この記事では、「本気で就職をしたい障害者」の方のために書きました。
少々 気分を害するようなことも書いてはいますが、ぜひお許しください。
だって、これが現実なのですから。

【就職者ゼロの就労移行支援事業所が30%もある現実】
こちらの「障害者就労移行支援事業所 コネクト」さんは大阪で5つの事業所を展開されています。
大阪の方はぜひチェックしてみてください。
一人ひとりの課題に合わせた就職支援プログラム【就労移行支援事業所CONNECT】
発達障害の方に特化した頑張っている就労移行支援事業所です。

意味ない障害者就労移行支援事業所には行くな!

意味のない就労移行支援には行くな

意味のない障害者就労移行支援事業所なんかには行くな!

のっけからキツい言い方で申し訳ありません。
でも、障害者のあなたが就労支援事業所を探す前にどうしても確認しておきたいことがあるのです。
それは
障害者就労支援事業所に通う意味はなんですか?
という質問です。
そんなことを聞くと
就職するために決まってるでしょ!」(怒)
という返事が即座に返ってくるでしょうね。、

でも、障害者就労支援事業所に通うだけで就職なんてできないのです。

その障害者就労移行支援事業所に「通う前」と「通った後」のビフォーアフター。
それがイメージできないと、障害者就労移行支援事業所に通う意味はありません。

障害者就労移行支援事業所には原則2年間しか通えないから失敗できない

障害者の自分に
なにができるのか?
だけでなく
なにができるようになるのか?
それを見極め、スキルアップするのが障害者就労移行支援事業の通う目的です。

そして、障害者就労移行支援事業所に通えるのは原則2年間しかありません。
この2年間はとても貴重で大切な期間です。
この間にその障害者就労支援事業所で通ってもなにも得るものがばければ意味のない無駄な2年間いなってしまいます。
ですから、ただなんとなく「就職したいから障害者就労移行緒支援事業所にでも通ってみるか?」というのは意味がないのです。

ひどい就労移行支援事業所でのいじめ問題

就労移行支援事業所では「いじめ」があるようなところもあります。
これは人との関わり方が苦手な精神障害・発達障害の方もたくさんいるので、ある程度はしかたないところでもあります。
しかし、それを就労移行支援のスタッフがいち早く気づき改善対策を講じなければいけません。
しかし、ひどい就労移行支援事業では見て見ぬふりをしているところもあります。

きちんとした就労移行支援事業所なら、被害妄想がひどい利用者がいたり感情の起伏が激しい利用者がいる場合には利用者のチーム編成はスケジュールも考慮して組んだりもしてくれます。

なにより「いじめ」があるような就労移行支援事業所であれば、すぐに他の就労移行支援事業所に移ることも考えましょう。

いじめの原因はヤキモチ?

ある特定のスタッフに異常なくらい懐いてしまう利用者もいます。
その就労移行支援のスタッフが他のある利用者に親切に接すると、それにヤキモチを焼いて「いじめ」をする迷惑な利用者もいます。
「いじめ」を受けたなら即座にスタッフに相談するか、改善されないのなら早めに他の就労移行支援事業所に移ることも考えましょう。

就職者はずっとゼロ?そんなひどい障害者就労移行支援事業所も少なくない

ひどい就労支援事業所

障害者の就労系福祉サービスにもいろいろありますが、「障害者の一般就への移行率は29%」という厳しいデータファがあります。
つまり、就労支援を受けた障害者が一般の仕事に就けたのは「10人中3人」というものなのです。

そして障害者就労移行支援事業では54.7%というデータがあります。
つまり障害者就労移行支援を受けても2人に1人程度しか就職できていないのです。

さらに、高齢・障害・求職者雇用機構の「令和2年 就労支援ハンドブック」によると
1年間の就職者が0名の事業所が27.6%もある
というデータもあります。

障害者の就職をサポートする就労移行支援事業所が1年間の就職者がゼロ?
そんなひどい就労支援事業所があることも知っておいてください。
参考:厚生労働省 障害者の就労について

ただお菓子を食べながら雑談しているだけの就労移行支援事業所もある

「なんかこの就労移行事業所、和やかな雰囲気でいいなぁ~」
そんな安易に雰囲気だけで就労移行支援事業をを選んではいけません。

確かに障害者就労移行支援事業所の雰囲気も選ぶ際の重要なポイントではあります。

でも、ひどい就労移行支援事業所では
お菓子を広げて、利用者たちはただ食っちゃべって雑談しているだけ
というところもあるのです。

就職に向けたカリキュラムもありますが、熱心に実施しているわけでもなくただ形だけサラッと・・・

あなたの体調に合わせて、来れる時に来ればいいのよ
無理はしなくていいわよ!できる範囲で頑張ればいいのよ

確かにそんな優しい言葉は嬉しい反面、それでは得られるものはなにもありません。
でも、結局その就労支援事業所に通うの週に1回あるかないか?
それで就職できると思いますか?
企業にしても就労移行支援事務所の通所実績も重要視しているところはたくさんあります。

障害者就労移行支援事業所には、決まったカリキュラムはありません。
ですから、それぞれの就労移行支援事業所がみんなやり方や方針が異なるのです。

確かに、まずは最初の一歩からと「社会性」や「人とのコミュニケーション」を学ぶことも大切です。
でも、それだけでは就職なんてできないのも現実です。

いいですか?
1年間の就職者がゼロ!
そんな就労支援事業所が27.6%もある!
そのことをしっかりと理解してから就労移行支援事業所は選んでください。

障害者就労移行支援事業所に通う目的とは

障害者就労移行支援事業所に通う目的

そこで、障害者就労移行支援事業所に通うことを考えているあなたに再確認しておいて欲しいのがその目的です。

障害者就労移行支援事業所に通う目的は以下の4つではないでしょうか。

  • 自分の障害の特性と対策を知る
  • 障害者が就職するための「技術習得」や資格取得」
  • 社会人としての基礎スキルを学ぶ
  • 生活リズムの改善

自分の障害の特性と対策を知る

自分の障害の特性を理解し、その対策を知ること。
これが障害者朱労移行支援事業所に通う大きな目的だと思います。
自分の障害のことをあまり正しく理解していない方が少なくありません。
障害についての豊富な知識や経験がある支援員からのアドバイスはとても役に立つのです。
意外と言われて初めて気づく
自分ではわからなかったこともたくさんでてくることでしょう、

自分の障害が正しく理解できれば、その対策方法もわかってきます。

それがわかれば就職する企業に対しても、あなたに対する合理的配慮もより具体的に説明できます。

自分の障害の特性と対策が説明できないと就職は難しい

受け入れる企業からすれば、あなたの障害のことは、あなたの口から説明されないとわかりません。
具体的な「特性」と「対策」を教えてもらわないと採用もできないのです。

しかし、これがなかなかできない障害者の方が多いのです。

障害者が就職するための「技術習得」や資格取得」

今 多くの障害者就労支援事業所が力を入れているのが「ITスキル」です。
つまり、パソコンを使いこなす技術です。

障害者がママされる仕事の多くがパソコンを使う業務も多いのです。

ワード
エクセル
Eメールのやりとり
これらは「やったころがある」「できる」
というレベルではいけません。
ちゃんと企業が望むレベルにまで達していなければなりません。

また、資格取得に向けたサポートをする就労支援事業所もあります。
たとえば
・簿記
・MOS(マイクロソフト オフィス スペシャル)
などがあります。

これらの資格があれば、就職にもとても有利です。

ただ、これらの資格取得までサポートする就労支援事業所は少なく、またとても厳しいのも覚悟しておいてください。

まずは就労移行支援事業所で基礎レベルを習得して、その後のレベルアップは自分で頑張るのもおすすめです。
そうすれば、障害者にとって一番ありがたい「在宅ワーク」への道も開きやすくなります。

社会人としての基礎スキルを学ぶ

今までに一度も就職をしたことがない方なら「社会人とし常識」を備えていない方が意外と多いのです。
仕事となるいと、多くの方との関わり合いは避けては通れません。

そこで
・仕事上におけるコミュニケーションのとり方
(敬語の使い方、挨拶の仕方など)
・電話での受け答えの仕方
・ミスを防ぐ方法
(報告・連絡。相談)
などなどいろいろなことを学ばなければなりません。

生活リズムの改善や体調管理のサポート

障害者 とりわけ鬱なの精神障害を持っている方は生活リズムが崩れている方もいます。
そんな方は「外出ができない」という方もいます。

まずは「自宅を出て目的の場所に向かう」ことから始めるのは大切な第一歩になります。
毎日が無理なら週に3日程度だけでも、就労移行支援事業所に通うことができれば、それから徐々に毎日通うことに慣れていきましょう。

障害者就労移行支援で2年過ぎたら?

就労移行緒支援 2年過ぎたら

とりあえず暇つぶしみたいな遊び気分だったり、中途半端な気持ちで障害者就労移行支援事業所に通うのはおすすめできません。
なぜなら、そんな甘い考えで就職なんてできないからです。
それに就労移行支援はわずか2年間しか受けられません。
一般社会に順応できる習慣やなにか技術や資格を取得しようとしたら、2年なんてあっという間です。

ただ就労移行支援の期限である2年間が過ぎても、最大1年間延長してもらえることがあります。
ただし、就労移行支援の期間延長は誰でも受けられるわけではなく、自治体ごとの審査会によって判断されます。
就労移行支援の期間延長がその人の就労につながる可能性がある根拠を認めてもらわなければなりません。

ただもう少し就労移行支援を受け続けたい。
そう考えるなら、期間延長の相談をしてみるのもいいと思います。

障害者就労移行支援支援事業所の選び方

パソコン操作を習う障害者

障害者就労移行支援事業所は全国に3000事業所イ以上あります。
ですから、きっとあなたがお住まいの地域のお近くにもあるがずです。
でも、「家から近いから」「通いやすいから」という理由だけで障害者就労支援事業所は選ばないください。

就労移行支援事業所に通う目的はあくまで「就職すること」だからです。

障害者就労移行支援事業所を選ぶうえで大事なポイントはズバリ「就職実績」です。

必ず障害者就労移行支援事業所を選ぶ際には「昨年の就職実績はどれくらいですか?」と確認してください。
それを「ムニャムニャ」と誤魔化すようでは、あなたがそこに通っても主食出来る可能性はあmなり高くないかもしれません。

おすすめの障害者就労移行支援事業所

たくさんある障害者就労移行支援事業所ですが、やっぱりおすすめは大手の事業所です。

「たったひとつの事業所しかないところ」と「日本全国に展開している事業所」ではやっぱりスタッフのの能力やスキルもかなり差があります。

全国展開している障害者就労支援事業所「welbe」もぜひチェックしてみてください


障害者就労支援事業所は零細なところも多いのですが、「welbe」さんは日本全国に展開しているユニークな障害者就労移行支援事業所です。

たくさんの障碍者移行緒支援事業を設けている「welbe」だからこそ。そこにはたくさんのノウハウや企業とのネットワークもあります。

【Welbe 紹介動画】

詳しくは公式ホームページもチェックしてみてくださ

い。

\障害者のための就職活動支援センター/
ウェルビー 公式サイト