大人のADHD女性の特徴
大人のADHD女性の特徴をご存知ですか?
大人の女性のADHDの特徴は
・不注意
・多動性
・衝動性
があります。
この中でも大人のADHDの女性は「不注意」を特徴とする症状が強く出る傾向にあります。
ただこの「不注意」は発達障害か否かを見分けにくい症状でもあります。
ですので実は、大人の女性のADHDの特徴って分かりにくいのです。
なぜなら、女性はみんな少なからずADHDの特徴を持っているからです。
例えは、ADHDの特徴は以下の通りです、

    【ADHDの主な特性・症状】

  • 集中できず、気が散りやすい
  • 忘れ物・失くし物が多い
  • 落ち着きがなく、じっとしていられない
  • 物事の優先順位がつけられない
  • 思いついたらすぐに行動する
  • 思ったことをすぐ口に出してしまう
  • 単純なミスが多い
  • 順番や約束を守るのが苦手
  • しゃべりだすと止まらない
  • 整理整頓が苦手



いかがですか?
ひょっとしたら「あれ?私もADHDかも?」と不安になるかもしれません。
でも、本当の大人のADHD女性の特徴ってかなり極端な症状の出方をします。

【大人のADHD女性の特徴】社会に出てから初めてわかる他人との大きな違い

では、大人のADHD女性の特徴を本人自身の解説動画もご紹介するので参考にしてみてください。
すべて観ると「大人のADHD女性の特徴」の共通点がわかってくると思います。
そして驚きべきことに、みなさん普通の女性ばかりなんです。

【えっ?私がADHD?】

まさか自分がADHD?
大人になって自分がADHDであることに気づく方がたくさんいます。
言い換えれば、自分がADHDであることを知らない方がそれだけ多いということなんです。


【キャンプyoutuberえりキャンさん】

チャンネル登録者10万人のキャンプYoutuberえりキャン△さん
私もキャンプが好きなのでよく観ていました。
そんな彼女がADHDだったとはとても驚きました。
でも、これだけ明るくあっけらかんとカミングアウトできるとはスゴイですね。

大人になってから、働き始めてから判明する女性のADHD

多くのADHD女性の方は、「大人になってから」「働き始めてから」判明する方も多いのです。


【40歳になってADHDがわかったあっちゃんファミリーさん】
動画で紹介されていた本




【ADHDママの作る晩御飯】

あっちゃんファミリーさんはご自身の発達障害と向かい合いながら楽しく愉快に暮らされています。
これを観ると「ADHDってその人の捉え方次第なんだなぁ~」ということがわかります。

【20歳でADHDと診断された菜々美さん】

たとえADHDの女性であっても普通に結婚して子育てされている方も多いんですね。
まったく外見上からは、その方がまさかADHDだなんてわかりません。
でも、その苦悩は本人でしかわかりませんし、隠して暮らしている方も少なくありません。




【大人のADHDの方の話し方の特徴】

確かに、ADHDの方と話していると「????」と少し違和感を感じることもあります。
でも、この方のように意外とADHDなど発達障害の方には頭脳明晰でたくさんの資格を取得されている方もいますね。

【大人のADHD女性の特徴】動画で観てみましょう

なかなか一般の方からは理解できないADHDですがうまくまとめた動画もありますからぜひ観てみてください。
ADHDの方は「仕事」だけでなく「恋愛」でも悩んでいることが多いのです。

【第1話】

【第2話】

【第3話】

【第4話】

【大人のADHD女性の特徴】社会に出てから生き辛くなる

学生時代には大きな問題にはならなかったADHDの特性が、社会に出ることで人間関係やコミュニケーションがとりにくいといった発達障害ならではの特性が顕著になってきてしまいます。
就職といった大きな人生の節目になって初めて、ことさらにそのことに思い悩む方が多いことでしょう。
学生時代にではなんとかできたことも、社会に出て働きだしてそのごまかしができなくなってきたことを自覚するからです。

子供の頃には守ってくれていた親や先生も社会に出てからは守ってはくれません。
さらに社会に出て働くということは、より複雑な人間関係や臨機応変な対応が求められるのです。
自分では一生懸命やっているつもりなのに仕事の失敗などが続き、その結果として自分が社会に適応できないことを骨身に染みていやがおうでもわからされます。

    大人のADHD女性の特徴の

  • 会社に遅刻したり、約束に時間が守れなかったり
  • 電話対応が上手くできなったり
  • 仕事の段取りが上手くできなかったり
  • 仕事に集中できなかったり
  • 大事な書類を失くしたり、忘れ物をしたり
  • メールや文書に誤字脱字が多かったり
  • 会話で相手を怒らせてしまったり
  • 自分が決めたやり方でしか仕事ができなかったり
  • 指示に従うことが難しかったり
  • がきっと社会で生きづらくなってしまうことっでしょう。



でも、できないことをできるようにするのは簡単ではありません。
できないことや苦手のことのためになにか対策を考えるほうが楽です。

いろいろな大人のADHD女性の暮らし方や考え方を紹介したのは
「どうすれば少しでも楽に生き方ができるのか?」
の参考にしてもらうためです。
なにかひとつでもヒントになれば幸いです。